みんなが使ってる占いアプリ

占い師紹介

叶 美月

叶 美月

紹介

地元の名士の家系に生まれ、特に祖母は自分の家に泥棒が入るのを予知するなど、並々ならぬ血筋の家に生まれました。
その祖母に、人に視えないものが視えてしまうということを人に言ってはいけないと言われて以来、この視えてしまう能力は封印してきました。
それでも聞こえるものは聞こえてしまい、12歳のときには寝ている枕元で大勢の人ならざる者たちの「この子だよ、そうだよ、この子だよ」という声が聞こえるといったこともありました。
寝ているときに、胸元に小さいけれどとても重いおじさんに乗られているのを感じたことや、幽体離脱をしてベッドの下に潜り込んでしまったりしたこともありました。
そのときは、怖くなってイタコの家系の友人に電話をすると、音声が混線した時のような異常な状態になってしまったのです。

学生時代に友人に写真を撮ってもらったときには、両脇にこの世のものではない白蛇が2匹写っていました。
その写真を見せた霊能者に「この子にすぐ会いたい」と言われ、強い霊能力をもった方とのご縁が結ばれました。
また、ある時にはなかなか去っていってくれない女性の霊と念話し、その女性が心中して亡くなり、一緒に死のうとした男性は生き残ってしまい、それが無念だという想いを聞きました。
何もできないけれど、ただ亡くなられた彼女の話を親身に聞いていると、サァーっと消えていきました。

20歳のときに、その霊能者の方には「あなたに能力があるのは仕方がないこと。あきらめて受け入れなさい。あなたは人の心のゴミ箱になる人」と言われ、悩める方々のお話を聞く活動始めました。
お客様には「あなたと話せて元気になった」「これから先の見通しが明確になりました」「自分の魂が何を求めているのかに気づくことができました」といったお言葉をいただいております。
あなたが望むあなたが一番居心地よく輝いていられる生き方ができるように魂に寄り添う鑑定を心がけております。

占術方法

霊感・霊視・タロット・オーラ

鑑定ジャンル

結婚・離婚・復縁・略奪愛・不倫